失明の危機から思わぬ肌の好転

スマホにパソコン、目を酷使する条件が現代社会には揃っています。3人に1人が目にトラブルを抱えているとも言われています。だから、痛みや異変を感じる前からのケアが大切です。

かく言う私は、目の奥の方に鈍痛を感じ、だましだまししていたのですが、我慢ができなくって眼科に行きました。

そうしたら、30分、目を使う仕事をしたら、10分、目を休めるようにと言われました。えっと絶句して、そこまでは無理…と言いかけたら、ぴしゃりと目が見えなくなっても良いんですか!と先生に言われてしまいました。

それからというもの、目の健康対策、熱心に取り組んでいます。

食生活、生活習慣を整えること、目を休めることは基本として、はっきりと効果を実感していることは、温湿布です。

熱いお湯をタオルに少しかけ、ぱんぱんとして少し覚ましたものを目の上に置きます。目の周りの血行が良くなり、筋肉が和らぐのを感じます。目の疲れを感じた時は、日中でもこれをしますが、夜寝る前は必ずするようにしています。

というのも、私には目の問題以外にも、上手く眠りにつけないという問題があるのですが、これをするようになってからは、不思議とすんなりと眠りにつくことができるようになったからです。

温湿布を毎日するようになって、目の調子だけでなく、改善されていると感じることがあります。それはたるみとクマです。

失明のことを言われた時、姉にこんなことを言われたよと話したら、目の周りの骨の部分、特に下側を鼻よりのくぼみのところから眼尻に向かってツボ押しすると良いよと言われ、時間があればその部分をツボ押ししていることも効いているのかもしれません。

たるみやクマが、かなり減りました。

温湿布もツボ押しも、血行と関係していることなので、目の周りに溜まっている老廃物が流れていくのだと思います。目の健康のためと思ってし始めたことが、思わぬ効果を発揮しています。

目の疲れを含め、目のことでお悩みの方、温湿布とツボ押し、初めて見てください。習慣化して毎日やり続けることがとても重要になってきます。慣れるまで大変ですが、やり続ければきっと効果を実感できる事と思います。